ホーム > Blog

Blog

銀歯にしようかセラミックにしようか悩んでいます。参考のため、セラミックの長所を教えてください [2018年08月15日]

大田区池上西馬込駅最寄りの歯医者さん、ヨシダ歯科です。
今回のテーマは「セラミックの長所」です。
詰め物や被せ物の材質は、以前なら銀歯が一般的でした。

しかし最近ではセラミックを希望する方も増え、そのため銀歯かセラミックかの二択の状況になっています。
とは言えこの二択に即答できる方は少なく、なぜなら銀歯とセラミックの特徴は全く異なるからです。
そこで銀歯かセラミックかで悩む方のために、参考としてセラミックの長所について説明していきます。

セラミックの長所を説明する前に

セラミックの長所は2つの類に分けられます。
1つはセラミック全般の長所で、セラミックは現状4つの種類が存在します。
これら全ての種類のセラミックに言える長所…すなわち全ての種類のセラミックに共通する長所です。

もう1つはセラミックの種類ごとの長所で、例えばAのセラミックには〇〇の長所があるなど、
要するにそのセラミックの種類ならではの独自の長所です。「全ての種類のセラミックに共通する長所」、
「セラミックの種類ごとの長所」、以下でそれぞれの長所を説明していきます。

全ての種類のセラミックに共通する長所

ここでお伝えする長所は、全ての種類のセラミックに共通する長所です。
ただし一部例外もあるため、その点も含めて分かりやすく説明していきます。

・二次虫歯を予防しやすい
セラミックは材質上、表面がツルツルしておりプラークが付着しにくくなっています。
さらに歯ともピッタリ接着するため、隙間が生じにくく細菌が入り込む隙がありません。
このため、銀歯に起こりがちな虫歯の再発…つまり二次虫歯を予防しやすくなっています。

・見た目が美しい
いわゆる審美性の高さで、これがセラミックの最大の長所です。
しかもただ白いだけでなく、天然の歯に限りなく近い自然な白さを持っています。
ただし、審美性の高さはセラミックの種類ごとで差があります。

・長持ちする
いくらセラミックでも人工物ですから永久の使用はできません。
使用して年数が経過すればいずれは寿命がきて交換が必要になるでしょう。
しかしその寿命は銀歯に比べて遥かに長く、銀歯が3年~5年なのに対してセラミックは10年以上です。

・金属アレルギーが起こらない
セラミックは陶器ですから、使用しても金属アレルギーは起こりません。
ただし、これについては全ての種類のセラミックが該当するわけではなく、
唯一メタルボンドと呼ばれるタイプのものは一部金属を使用しているので要注意です。

セラミックの種類ごとの長所

オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック、
セラミックの種類は現状これら4種類であり、それぞれに独自の長所があります。

・オールセラミックの長所
100%セラミックでできているため、他の種類のセラミックに比べて審美性が高いのが長所です。
美しいセラミックの中でも最上位に位置するのがオールセラミックと捉えれば良いでしょう。
またその美しさは年数が経過しても損なわれず、使用することによる変色も起こりません。

・ハイブリッドセラミックの長所
レジンが混ざっているため年数経過で変色が起こるものの、
その一方でレジンが混ざっていることが長所にもなっています。
まず費用が安くてお手軽なこと、そしてレジンの柔軟性によって隣接する歯を傷つけにくいことです。

・メタルボンドの長所
金属のフレームにセラミックを焼き付けた仕様になっているため、
セラミックでありながら金属の耐久性の高さを持っているのが長所です。
割れや欠けの事故が起こり得るセラミックですが、メタルボンドなら奥歯にも安心して使用できます。

・ジルコニアセラミックの長所
メタルボンド同様、耐久性の高さが長所です。その秘訣は人工ダイヤモンドを使用しているからで、
メタルボンドのように金属を使用していないため金属アレルギーの心配もありません。
さらにメタルボンドよりも美しく、審美性と耐久性のどちらも高くなっています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックの長所についてまとめます。

1. セラミックの長所を説明する前に :長所には「セラミック全般に共通する長所」と「種類ごとの長所」がある
2. 全ての種類のセラミックに共通する長所 :二次虫歯を予防しやすい、審美性が高いなど
3. セラミックの種類ごとの長所 :本文にて4種類のセラミックそれぞれの独自の長所を説明

これら3つのことから、セラミックの長所について分かります。
種類ごとの長所も含めると、セラミックには実に多くの長所があることが分かりますし、
それらの長所はいずれも銀歯にはないものばかりです。

一方銀歯の長所についても少し説明すると、銀歯の長所は費用が安いことであり、
それ以外の長所としては金属であるため耐久性が高いことくらいです。
つまりセラミックと銀歯を比較すると、セラミックの方が圧倒的に長所は多いのです。

費用の高さが短所とされるセラミックですが、
このように長所が多い点に注目すると、費用に見合った価値があることが分かりますね。

歯磨きした時に歯肉から血が出るのはなぜですか? [2018年07月15日]

大田区池上西馬込駅最寄りの歯医者さん、ヨシダ歯科です。
今回のテーマは「歯磨きした時に歯肉から出血する原因」です。
歯磨きした時、歯ブラシを見ると血がついていた経験がある人もいると思います。

これは歯磨きによって歯肉から出血したためで、その出血を単なる偶然と考えていけません。
確かに歯ブラシが歯肉を傷つけてしまっただけの可能性もありますが、
歯肉から出血した場合、その90%以上が歯周病によるものだと言われているのです。

歯周病になると歯肉から出血する理由

そもそも、なぜ歯周病になると歯肉から出血するのでしょうか。
歯肉には多数の毛細血管が通っており、歯肉が傷つくことで出血します。
とは言え、健康な状態なら歯磨きをしたくらいで頻繁に出血することはありません。

歯周病になると原因菌を駆除しようと身体の防御機能が反応し、患部に白血球を集めます。
つまり血液が集合するわけです。さらに歯周病によって歯肉が炎症を起こしているため、
歯肉が腫れあがって少しの刺激…例えば歯磨きなどで出血してしまうのです。

歯肉から出血する場合の歯磨き

歯肉から出血するようになると、歯磨きをすることに抵抗を感じる人もいます。
出血するくらいなら歯磨きをしない方が良いのではないか?…確かに、そう考えてしまう気持ちは分かります。
しかし、歯周病を治すための基本は口の中を清潔にすることですから、歯磨きを欠かしてはいけません。

このため、例え歯肉から出血することがあっても歯磨きは続けてください。
ただし、歯肉からの出血には気を配る必要があるため、「ブラシの部分が柔らかい歯ブラシを使用する」、
「歯周病用の歯磨き粉を使用する」などの工夫をするようにしましょう。

歯周病の症状

歯肉からの出血の原因として最も可能性が高いのは歯周病ですが、
そもそも歯周病になるとどんな症状が起こるのでしょうか。
歯周病になると歯肉が炎症を起こし、歯肉からの出血はそれが関係しています。

しかし起こる症状はそれだけではありません。
歯周病が進行すると、今度は歯を支えている歯槽骨が溶かされてしまうのです。
そうなると歯は支えを失ってしまい、グラつくようにやがては完全に抜け落ちてしまいます。

歯肉から出血した場合の対処

歯肉から出血した場合、対処として確実に必要なのが歯科医院に行くことです。
これには2つの理由があり、1つはもちろん歯周病を治療しなければならないからです。
そしてもう1つの理由は、歯肉からの出血の原因を特定するためです。

歯肉からの出血の原因の大半は歯周病ですが、あくまでそれは可能性が高いという話です。
歯科医が診察しなければ正確な原因が特定できないですし、
仮に歯周病以外に原因があった場合、それに合った対処をしなければなりません。

歯周病以外に考えられる歯肉からの出血の原因

歯肉からの出血の原因として、歯周病以外に考えられることは次のとおりです。

歯磨きの仕方が悪い

強くゴシゴシと磨きすぎると、歯にダメージを与えるだけでなく歯肉も傷ついて出血します。
歯科医院の定期検診や予防歯科を受け、正しい歯磨きの仕方の指導を受けてください。

ホルモンバランスの変化

女性は妊娠や更年期障害などによってホルモンバランスに変化が起こると、歯肉から出血しやすくなります。
これは歯肉への血流が増加するためで、さらにこうした時期は歯周病になるリスクも高まります。

病気

糖尿病や白血病や心臓病の場合、歯肉から出血する兆候が見られると言われています。
可能性はそれほど高くないものの、心配な場合は病院での検査をおすすめします。

喫煙

喫煙すると毛細血管が収縮され、血流が悪くなって歯肉が腫れやすくなります。
この状態になると歯肉から出血しやすくなりますし、喫煙自体が歯周病になるリスクも高めます。

噛み合わせが悪い

噛み合わせが悪いと噛んだ時に歯に強く負担が掛かってしまい、
歯を支える歯肉にも同様の負担が掛かります。そうなると、歯肉が炎症を起こして出血しやすくなります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯磨きした時に歯肉から出血する原因についてまとめます。

1. 歯周病になると歯肉から出血する理由 :患部に血液が集合し、なおかつ炎症を起こして歯肉が腫れるため
2. 歯肉から出血する場合の歯磨き :歯磨きは必要だが、柔らかい歯ブラシを使用するなどの工夫が必要
3. 歯周病の症状 :進行すると歯を支える歯槽骨が溶かされ、最終的に歯が抜け落ちてしまう
4. 歯肉から出血した場合の対処 :正確な原因を知るためにも、必ず歯科医院に行く
5. 歯周病以外に考えられる歯肉からの出血の原因 :歯磨きの仕方が悪い、ホルモンバランスの変化など

これら5つのことから、歯磨きした時に歯肉から出血する原因について分かります。
原因として最も可能性が高いのは歯周病ですが、それ以外のことが原因の可能性もあります。
このため、原因を特定するためにもすぐ歯科医院に行くべきですし、
想定どおり原因が歯周病だとしてもやはり歯科医院での治療が必要です。

歯はどうやって虫歯になるの? [2018年06月15日]

大田区池上西馬込駅最寄りの歯医者さん、ヨシダ歯科です。
今回のテーマは「虫歯が起こる流れ」です。
子供の頃、誰もが「甘いものを食べると虫歯になる」と教わった経験があると思います。

しかし、なぜ甘いものを食べると虫歯になるのでしょうか。
そもそも、健康な歯がどうやって虫歯になっていくのでしょうか。
そこで、ここでは虫歯が起こる理由…すなわち虫歯の原因について説明していきます。

虫歯に関係する3つの要素

「食事の時の食べカスが残っていると歯が不衛生になって虫歯になる」…そう思っている人が多いでしょうし、
確かにそれは間違いではありません。しかし、虫歯の原因を細かく説明するともう少し複雑です。
虫歯は「細菌」と「歯質」と「食べ物」の3つの要素が関係しており、まずこの3つの要素について解説します。

細菌

ミュータンス菌を代表とする虫歯の原因菌です。
ただし、虫歯の原因菌が存在するからといって必ず虫歯になるわけではありません。
虫歯の原因菌のほとんどは常在菌であり、常に口の中に存在しているのです。

歯質

歯質とはエナメル質の構造、歯の並び、唾液の量などを意味します。
これらはいずれも人によって状態が異なり、その違いが虫歯になるリスクの差を生んでいます。
例えば歯並びが綺麗で唾液の分泌量が高い人は虫歯になるリスクが低くなっています。

食べ物

食べ物の種類によって虫歯になるリスクが異なります。
虫歯の原因菌は酸を出して歯を溶かしますが、この虫歯の原因菌は糖を栄養源にしています。
このため糖を含んだ物を食べることで虫歯の原因菌の働きが活発になり、虫歯になるリスクが高まります。

虫歯になる流れ

虫歯に関係する3つの要素、それが細菌と歯質と食べ物です。
まず細菌である虫歯の原因菌は口の中に常に存在しており、一定おきに酸を出して歯を溶かします。
そこに糖を含んだ物を食べると、虫歯の原因菌の働きが活発になってより多くの酸を出すようになります。

虫歯の原因菌の出す酸で歯が溶かされるリスクは歯質次第です。
例えば唾液の分泌量が高ければ虫歯の原因菌を洗浄できるため、虫歯の原因菌の数を減らすことができます。
またエナメル質が固くて丈夫であれば、歯は簡単には溶かされないでしょう。

このように3つの要素が絡んで歯が溶かされる…つまり虫歯になるわけですが、
実際にはここでもう1つ「時間」という全く別の要素が絡んできます。
正確には、3つの要素にこの「時間」が加わることで虫歯になるのです。

歯の再石灰化と時間

細菌と歯質と食べ物の3つの要素によって歯は溶かされますが、
その一方で歯を元の状態に修復する働きも起こり、これを「再石灰化」と呼びます。
つまり歯は再石灰化を繰り返すことで虫歯から身を守っているのです。

では身を守っているのになぜ虫歯になるのか?…そこに関係してくるのが「時間」です。
「時間」とは食べ物が口の中に滞在する時間を意味しており、
これが長くなると再石灰化が追い付かなくなってしまいます。

例えば「ダラダラと食べる」…食べる時間が長くなることでその後の再石灰化が追い付きません。
さらに「間食が多い」…食べる頻度が高いことで再石灰化が起こるタイミングが失われてしまいます。
このように時間によって再石灰化が不充分になることで修復が追い付かなくなり、虫歯になってしまうのです。

虫歯の予防方法

虫歯になるメカニズムは上記のとおりですが、このメカニズムを理解することで予防方法も明確になります。
では、細菌と歯質と食べ物の3つの要素と時間、合計4つのポイントから予防方法を説明していきます。

細菌への対策

虫歯の原因菌の棲み処はプラークと呼ばれるもので、これは歯磨きで除去できます。
デンタルフロスを使用して丁寧で精密な歯磨きをすれば、より多くのプラークを除去できますし、
プラークを除去すれば口の中に存在する虫歯の原因菌の数を減らすことができます。

歯質への対策

唾液の分泌量を高めるには、水分補給やキシリトールのガムを噛むことなどが効果的です。
またエナメル質を丈夫にするにはフッ素が効果的です。フッ素が配合された歯磨き粉を使用しての歯磨き、
他にも予防歯科の治療メニューであるフッ素塗布を行うことでエナメル質を丈夫にできます。

食べ物への対策

基本は糖を多く含んだ食べ物を控えることで、
子供の頃に「甘い物を食べ過ぎないように」と言われたことをそのとおり守るのが大切です。
特にキャラメルなどは糖を含むだけでなく粘着性も高いため、虫歯になるリスクをさらに高めます。

時間への対策

食事の時間を守り、ダラダラ食いや間食を控えることです。
ちなみにダラダラ食いも間食も子供が行うイメージがあるとおり、
子供が虫歯になりやすいのはこれが原因の1つになっています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯が起こる流れについてまとめます。

1. 虫歯に関係する3つの要素 :細菌、歯質、食べ物
2. 虫歯になる流れ :細菌、歯質、食べ物の3つの要素に時間が加わることで起こる
3. 歯の再石灰化と時間 :時間がマイナス要素になることで歯の再石灰化が追い付かなくなる
4. 虫歯の予防方法 :細菌、歯質、食べ物、時間への対処が虫歯予防につながる

これら4つのことから、虫歯が起こる流れについて分かります。
虫歯が起こる流れを詳しく説明すると、このような3つの要素と時間が関係してきます。
少々複雑に思えるかもしれませんが、だからこそ虫歯になるケースは一定ではないのです。
虫歯になった経験がない人ですら、これらの要素がマイナスに傾くことで簡単に虫歯になってしまいます。

歯周病の治療方法を知りたいです [2018年05月01日]

大田区池上西馬込駅最寄りの歯医者さん、ヨシダ歯科です。
今回のテーマは「歯周病の治療方法」です。
歯周病は虫歯同様に一般的な口腔内の病気ですが、治療方法について知らない人も多いと思います。

そこで、ここでは歯周病の治療方法について説明します。
ちなみに歯周病の治療方法は虫歯の治療方法と同じで進行度によって内容が異なります。
つまり、進行すればするほど大きな治療が必要となってくるのです。

歯周病の進行度

歯周病の進行度は「初期段階」、「中期段階」、「重度段階」の3段階に分けられており、
初期段階の歯周病を歯肉炎、中期段階の歯周病を歯周炎、重度段階の歯周病を歯槽膿漏とも呼びます。
例えば「歯周炎」と診断された場合、それは中期段階の歯周病と捉えれば良いでしょう。

そして治療内容はそれぞれの段階ごとで異なりますが、異なるのはそれだけではありません。
治療内容が異なることで治療費も異なってきますし、さらに治療期間も異なってくるのです。
当然ですが歯周病が進行するほど治療費も高くなり、治療期間もまた長くなります。

初期段階の歯周病

初期段階の歯周病の治療方法は、患者さんによるプラークコントロールと歯石の除去です。
プラークコントロールとは患者さんが効率良くプラークを除去することで、方法のメインは歯磨きです。
ただし適当な歯磨きでは効果がないため、歯磨きの精度を高めるための指導を行います。

次に歯石の除去ですが、歯石は歯周病の進行を早める要因になる上、歯磨きでは除去できません。
このため専用の器具を使用して丁寧に除去していき、
歯だけでなく歯周ポケットの溝に溜まった歯石やプラークも除去します。

中期段階の歯周病

中期段階の歯周病の治療方法は、初期段階の場合と同じでプラークコントロールと歯石の除去が基本です。
ただし歯周病が進行すると歯周ポケットの溝が深くなるため、
従来の方法では歯周ポケットの溝を清掃できなくなってしまいます。

この場合はフラップ手術と呼ばれる手術で対応し、歯肉を切開して内側から歯周ポケットの溝を清掃します。
手術とは言え切開するのは歯肉だけですから、内科や外科のような全身麻酔は使用しません。
使用するのは局所麻酔であり、手術自体も1時間~2時間ほどで終わります。

重度段階の歯周病

重度段階の歯周病の治療方法は、初期段階や中期段階の歯周病の治療方法と同じです。
とは言え症状が悪化しているため、治療期間が長くなり治療費も高くなるでしょう。
また、状態によっては歯を残せないと診断されて抜歯するしかないケースもあります。

抜歯した後は入れ歯やインプラントでの対応となりますが、どちらもデメリットがある治療です。
入れ歯は外れやすい上に噛む力も弱いため、今までどおりの感覚で歯を使用するのは不可能になります。
一方インプラントは今までに近い感覚で歯を使用できるものの、治療費が高額になってしまいます。

歯周病の自覚症状

それぞれの段階での治療内容を比較すれば分かるとおり、
歯周病が進行するほど治療内容は大掛かりなものになってきます。
このため早期発見と早期治療が必須ですが、問題は初期段階の歯周病に目立った自覚症状がないことです。

自覚症状がなければ自分が歯周病であることに気づけず、
自分が歯周病であることに気づけなければ歯科医院に行かず、その結果進行させてしまうのです。
このように気づかない間に進行するため、歯周病は静かなる病気とも呼ばれています。

とは言え、初期段階の歯周病に自覚症状が全くないわけではありません。
以下のような自覚症状が起こるため、該当する項目がある人は歯周病を疑ってみるべきです。

・口臭がする
・歯石がある
・歯肉が腫れている、もしくは変色している
・歯磨きや食事の時に歯肉から出血する
・口の中がネバネバしている

…他にも「歯が長くなって見える」や「歯がグラつく」などの自覚症状がありますが、
これらの自覚症状がある場合は既に歯周病が中期段階まで進行していることが考えられます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病の治療方法についてまとめます。

1. 歯周病の進行度 :初期段階、中期段階、重度段階の3段階に分けられている
2. 初期段階の歯周病 :患者さんによるプラークコントロールと歯石の除去
3. 中期段階の歯周病 :初期段階の歯周病の治療に加え、歯肉を切開するフラップ手術を行うこともある
4. 重度段階の歯周病 :初期段階と中期段階の歯周病の治療を行うが、抜歯が必要になることもある
5. 歯周病の自覚症状 :口臭がする、歯石がある、歯肉の腫れや変色、歯磨きや食事の時に歯肉から出血する

これら5つのことから、歯周病の治療方法について分かります。
歯周病の治療方法の基本は患者さんによるプラークコントロールと歯石の除去が基本です。
この点だけに注目すると、歯を削る虫歯の治療に比べて楽なイメージがあるかもしれません。
しかし、それだけの治療ですむのはあくまで歯周病が初期段階の場合であり、
進行することで歯肉の切開や抜歯が必要になることもあるのです。

ホワイトニングではどうやって歯を白くしているのですか? [2018年04月01日]

大田区池上西馬込駅最寄りの歯医者さん、ヨシダ歯科です。
今回のテーマは「ホワイトニングで歯が白くなる仕組み」です。
歯科治療の中には病気を治すためではなく、見た目を美しくするための治療があります。

実際、みなさんも審美歯科の診療科目を掲げた歯科医院を見たことがあると思います。
そんな審美目的の治療…すなわち審美治療において最も希望する人が多いのがホワイトニングです。
「白い歯を手に入れたい」は誰もが望むことであり、それが叶うホワイトニングは魅力的な治療でしょう。

そこで、ここではホワイトニングでどうやって歯を白くするのかについて説明していきます。

歯の変色について

歯の変色には、歯の表面が変色しているパターンと象牙質が変色しているパターンがあります。
このうち前者…つまり歯の表面の変色はそれほど大きな問題ではありません。
この場合コーヒーなどによる着色が原因ですから、歯の表面さえ綺麗にすれば歯は白くなるのです。

歯科医院で行う歯のクリーニングはもちろん、市販のホワイトニング歯磨き粉でも対処できます。
問題なのは後者…つまり象牙質が変色しているパターンです。
象牙質は歯の表面ではなくその奥にありますが、歯磨きできるのはあくまでも歯の表面のみですからね。

つまり象牙質が変色しているといくら歯磨きしても白くはならず、
これを白くするために効果的なのがホワイトニングです。

ホワイトニングの仕組み

ではどうやって変色した象牙質を白くするのかを説明していきます。
歯の表面ではエナメル質がありますが、このエナメル質は透明なのでその奥の象牙質が透けてうつります。
このため象牙質が変色していれば歯が変色して見える…これが現状の状態です。

さて、ホワイトニングで使用する薬剤には過酸化水素が含まれていますが、
この成分によって歯の表面のエナメル質が無色透明になり、この時点で歯の表面の着色が落ちます。
さらに過酸化水素から活性酸素が発生し、その影響でエナメル質が構造変化します。

元々エナメル質は角ばった形状なのですが、これが丸みを帯びた形状に変化するのです。
そしてエナメル質が丸みを帯びた形状になることで光が象牙質まで届かなくなり、
言わば透明ガラスだったエナメル質が曇りガラスに変化してマスキング効果をもたらします。

そうなることで変色した象牙質がうつらなくなり、歯が白くなったように見えるのです。
つまりホワイトニングの仕組みをまとめると、
「薬剤によって変色した象牙質をうつらなくさせて歯を白く見せる」です。

ホワイトニングの効果が永久に続かない理由

ホワイトニングの効果は永久ではないものの、重ねて行うことで白さを維持することは可能です。
ではなぜホワイトニングの効果は永久に続かないのでしょうか。
これは歯の表面のエナメル質に自己修復能力があるためです。

そもそも、ホワイトニングで歯が白くなるのは薬剤によってエナメル質を構造変化させたためですが、
構造変化したエナメル質は時間を掛けて元の形に戻ろうとします。
そして元の形に戻ることで再び変色した象牙質がうつるようになり、歯の色が元に戻ってしまうのです。

とは言え、エナメル質が完全に元の形に戻るには時間が掛かります。
それは一般的に半年~1年ほどですから、つまりホワイトニングの効果は半年~1年ほど持続するわけです。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングの種類は1つではありません。
過酸化水素を含んだ薬剤を使用する…いわば治療方法自体は同じですが、
種類としては以下の3つがありそれぞれ独自の特徴があります。

・オフィスホワイトニング
歯科医院で行うホワイトニングで、みなさんが連想するホワイトニングはおそらくこの方法です。
歯科医が薬剤を扱うため高濃度の薬剤を使用でき、そのため効果が出るのも早いです。
その一方で後戻りも早く、特徴を一言で表現するなら「歯が白くなるのは早いが後戻りも早い」です。

・ホームホワイトニング
自宅で行うホワイトニングで、使用する専用のマウスピースと薬剤は歯科医院で受け取ります。
使用する薬剤はオフィスホワイトニングと同じですが、こちらは濃度が薄くなっています。
このため効果が出るまでに時間が掛かりますが、その分薬剤がしっかり浸透するので白さを長く維持できます。

・デュアルホワイトニング
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用した方法です。
両方の長所を得られるため効果が出るのも早く、なおかつ白さを長く維持できます。
ホワイトニングの中で最も効果が高い方法ですが、その分費用が高いのが欠点です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ホワイトニングで歯が白くなる仕組みについてまとめます。

1. 歯の変色について :象牙質が変色している場合にホワイトニングが効果的
2. ホワイトニングの仕組み :歯の表面のエナメル質を構造変化させ、変色した象牙質を見えなくさせる
3. ホワイトニングの効果が永久に続かない理由 :構造変化したエナメル質が元の形に戻ろうとするため
4. ホワイトニングの種類 :オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、デュアルホワイトニング

これら4つのことから、ホワイトニングで歯が白くなる仕組みが分かります。
ちなみにこれは歯科治療のホワイトニングについての説明であり、
市販のホワイトニング歯磨き粉に今回説明した効果はありません。

実際、市販のホワイトニング歯磨き粉には過酸化水素が含まれていないので、
使用している成分を確認すればその点はすぐ分かります。
つまり市販のホワイトニング歯磨き粉のホワイトニングは全くの別物なので注意してください。

セラミックとはどんな治療方法で、銀歯とは何が違うのですか? [2018年03月16日]

大田区池上西馬込駅最寄りの歯医者さん、ヨシダ歯科です。
今回のテーマは「セラミックの治療方法と銀歯との違い」です。
最近では、詰め物や被せ物に銀歯ではなくセラミックを希望する人が増えています。

とは言え、歯科治療は流行で行うものではないですし、
セラミックを希望するのであればセラミックの特徴をしっかりと把握しておく必要があります。
そこで、ここではセラミック治療をテーマにして銀歯との比較を交えて説明していきます。

セラミック治療とは

まずセラミック治療についてですが、これは詰め物や被せ物をセラミックにするための治療です。
以前は詰め物や被せ物の材質として銀歯が一般的でしたが、
銀歯ではなくセラミックにするのがセラミック治療です。

また、銀歯を使用中の人がセラミックに交換することも可能であり、そのケースもセラミック治療に含まれます。
審美目的を兼ねているためセラミック治療は審美歯科で行っていますが、
詰め物や被せ物として使用することから一般歯科でセラミック治療を行っている歯科医院もあります。

セラミックの銀歯との違い

セラミックと銀歯にはいくつかの違いがあります。
その違いはセラミックにとってメリットにもデメリットにもなっているため、
銀歯と比較した上でのセラミックのメリットとデメリットを挙げていきます。

2-1. 銀歯と比較してのセラミックのメリット

•審美性が高い
セラミックは天然の歯に近い白さを持っており、銀歯に比べて見た目が遥かに美しくなります。

•二次虫歯を予防できる
セラミックは歯との間に隙間が生じにくく、細菌の侵入を防げるので二次虫歯を予防しやすくなります。

•長持ちする
詰め物や被せ物としての寿命が銀歯は一般的に5年ほどですが、セラミックは10年以上使用できます。

•金属アレルギーの心配がない
セラミックの材質は陶器ですから、金属アレルギーの人でも安心して使用できます。
※メタルボンドは金属を使用しているため、このメリットは除外されます。

•歯肉の美しさも維持できる
銀歯は年数経過で金属イオンが溶け出して歯肉が変色しますが、セラミックの場合それは起こりません。

2-2. 銀歯と比較してのセラミックのデメリット

•費用が高い
セラミックは健康保険が適用されないため、銀歯に比べて費用が高くなります。

<セラミックに健康保険が適用されないのはなぜ?>
健康保険適用の基準は「健康のために必要な最低限の治療」です。
確かに詰め物や被せ物は健康のために必要な治療ですが、
見た目の美しさなどの付加価値から最低限の治療とは言えないため、健康保険が適用されないのです。

•強度の問題
セラミックの強度も決して低くはないですが、銀歯と比較すると金属である銀歯の方が強度は高いです。

<強度の高いセラミックも存在する>
セラミックにはいくつかの種類があり、中には強度の高さに優れたタイプのものもあります。
メタルボンドは金属を使用しているため、セラミックでありながら金属の強度を兼ねそろえています。
また、ジルコニアセラミックは人工ダイヤモンドのジルコニアを使用しているため高い強度を誇っています。

セラミックの種類

上記でも少し触れましたが、セラミックにはいくつかの種類があります。
現状では4つの種類があり、セラミックならではの特徴に加えてそれぞれ独自の特徴を持っています。

•オールセラミック
100%セラミックでできており、セラミックの中で最も美しいタイプです。
年数経過による劣化も起こらず変色もしないため、使用している間はずっと美しさを維持できます。
ただし他の種類のセラミックに比べて費用が高いのが欠点です。

•ハイブリッドセラミック
セラミックにレジンが混ざったタイプで、レジンならではの柔軟性があるために隣接する歯を傷つけません。
ただしレジンの影響で年数経過による変色が起こるため、審美性の高さはオールセラミックに劣ります。
費用は他の種類のセラミックに比べて安く、お手軽なセラミックとして位置づけられています。

•メタルボンド
見える部分にはセラミック、見えない部分には金属を使用している特殊なタイプです。
金属を使用している点で他のセラミックに比べて強度が高いのが特徴です。
欠点としては金属アレルギーの対象になることと、劣化によって金属が露出してしまう場合があることです。

•ジルコニアセラミック
人工ダイヤモンドのジルコニアを使用した、強度に優れた新しいタイプのセラミックです。
強度に優れた点ではメタルボンドに似ていますが、審美性の高さはジルコニアセラミックの方が上です。
欠点としては他のセラミックに比べて費用が高いことと、取り扱っている歯科医院が少ないこと

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックの治療方法と銀歯との違いについてまとめます。

1. セラミック治療とは :詰め物や被せ物をセラミックにする治療。銀歯からセラミックに交換することも可能
2. セラミックと銀歯との違い :メリットは審美性が高いなど。デメリットは費用が高いなど
3. セラミックの種類 :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック

これら3つのことから、セラミックの治療方法と銀歯との違いについて分かります。
審美性の高さだけが長所に思われがちなセラミックですが、
銀歯と比較すると実は機能性においても優れた特徴を持っています。
特に虫歯の再発を防げる点は大きなメリットで、将来自分の歯を守ることにつながります。

ずっと虫歯を放置していますが、これは放っておいたらダメ? [2018年02月02日]

大田区池上西馬込駅最寄りの歯医者さん、ヨシダ歯科です。
今回のテーマは「虫歯を放置するとどうなるか」です。
虫歯の治療は大人でも嫌に思うもの…だから虫歯を自覚しても放置してしまう人がいます。

確かに、仕事をしつつ歯科医院に何度も通うのはスケジュール的に難しいかもしれませんが、
だからと言って虫歯を放置しては絶対にいけません。
ここでお伝えするのは、虫歯を放置することでどんな問題が起こるのかについてです。

虫歯は自然には治らない

まず知っておかなければならないのは、虫歯は自然には治らないということです。
正確に言えば、本当に虫歯になりたての完全な初期段階であればケア次第で治すことが可能ですが、
一度でも進行してしまった虫歯は歯科医院で治療しない限り治りません。

例えば風邪による発熱なら自然に治るため、微熱程度なら病院に行かない人も多いでしょう。
しかし虫歯は自然に治らない以上、治療しなければ何年も何十年も虫歯の状態が続くのです。
そうなると単に虫歯の原因菌が残っているだけでなく、口の中や身体に様々な問題が起こります。

虫歯の放置によって起こる問題

虫歯を放置することで、以下のような問題が起こります。

2-1. 痛みが増す
虫歯の痛みは一定ではなく、進行することで酷くなります。
最初に虫歯で痛みを感じるのは、虫歯が象牙質まで進行した時ですが、
この状態で放置すれば虫歯はさらに進行し、神経まで虫歯が進行した場合は常に激痛を感じるようになります。

2-2. 歯の神経が死ぬ
虫歯が歯の神経まで進行すると、やがて神経は死んでしまいます。
一度失った神経は治療しても取り戻すことはできないですし、
神経を失った歯は見た目も変色し、栄養が行き届きにくくなることで本来の歯よりも脆くなります。

2-3. 歯を失う
歯を失う要因としては歯周病が最も多いですが、虫歯でも歯を失います。
虫歯を放置して末期段階まで進行すれば、その時点で歯は原型を留めていないほどボロボロになっており、
治療したとしても被せ物すら立てられなくなっているため抜歯するしかありません。

2-4. 脳梗塞や心筋梗塞を招く
例え歯を失っても虫歯の原因菌は生き続けており、最終的には血液の中にまで入り込んできます。
そうなると虫歯菌は血管を通って全身にまわり、脳にまわることで脳梗塞、
心臓にまわることで心筋梗塞を起こす可能性があります。これについては死亡例まで存在します。

虫歯治療や通院が嫌で虫歯を放置する人へ

虫歯治療が怖い、何度も通院するのが面倒…虫歯を放置する人の理由は大抵このどちらかですが、
治療の怖さや通院の手間を感じるのであれば、虫歯の放置はむしろ逆効果です。
虫歯治療の一般的な治療内容としては「歯を削って詰め物を入れる」をイメージするでしょう。

しかし実際の治療内容は虫歯の進行度によって異なります。
イメージどおりの治療内容ですむのは、虫歯が象牙質まで進行した状態までになります。
神経まで進行すれば神経の除去を兼ねた根管治療、さらに酷くなれば抜歯が必要です。

また、歯を削るにしても虫歯が進行するほど削る範囲は広くなってしまうのです。
つまり、虫歯を放置すればするほどより辛い治療をしなければならないですし、
そうなると通院の期間も長くなり、より手間を感じるようになってしまうのです。

逆に虫歯を早期発見すれば治療内容も簡単なものですみ、治療も短期間で終わります。
例えば初期段階の虫歯であれば、状態次第では削らずに治せることもありますし、
削ったとしても歯の表面のみですむため、治療で痛みを感じることもありません。

虫歯予防に必要な3つのこと

放置すると怖い虫歯は徹底予防する必要があります。
さて、虫歯の予防方法と言えば歯磨きを想像するでしょうが、それだけでは不充分です。
虫歯を予防するため、歯磨きを含めた以下の3つのことを実践しましょう。

精密な歯磨き
ただ磨くだけでは意味がなく、精度の高い歯磨きが必要です。
通常のブラッシングに加えてデンタルフロスも使用し、プラークを効率よく除去しましょう。
歯磨きにおいて大切なのは頻度ではなく精度です。

定期検診
歯科医院の定期検診では口の中のクリーニングを行えるため、プラークや歯石を綺麗に除去できます。
さらにブラッシング指導を受けることで歯磨きの技術を高めることができますし、
定期検診を受けていれば本来なら気付かないほどの初期の虫歯も発見して早期治療ができます。

生活習慣の改善
虫歯は細菌による感染症ですから、身体の免疫力が低下すると虫歯になるリスクが高まります。
このため、生活習慣を改善して身体の免疫力低下の要因となる疲労やストレスの解消に努めましょう。
また糖の摂取や間食を控えるなど、食生活の改善も効果的です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯を放置するとどうなるかについてまとめます。

1. 虫歯は自然には治らない :一度でも進行した虫歯は治療しない限り治ることはない
2. 虫歯の放置によって起こる問題 :痛みが増す、歯の神経が死ぬ、歯を失う、脳梗塞や心筋梗塞を招く
3. 虫歯治療や通院が嫌で虫歯を放置する人へ :放置すれば治療内容がより辛いものになり期間も長引く
4. 虫歯予防に必要な3つのこと :精密な歯磨き、歯科医院の定期検診、生活習慣の改善

これら4つのことから、虫歯を放置するとどうなるかが分かります。
虫歯を放置すれば、歯を失うだけでなく思わぬ大きな病気を招くこともあります。
また、虫歯が酷く進行してしまえば治療期間も長くなってしまいます。
つまり、虫歯を放置することには一切のメリットがないのです。

歯を失う原因の1位は、虫歯ではなく歯周病なのですか? [2018年01月05日]

大田区池上西馬込駅最寄りの歯医者さん、ヨシダ歯科です。
今回のテーマは「歯を失う原因のトップは歯周病」です。
高齢になると歯を失う人が増えてきますが、その原因は口の中の病気によるものです。

さて、口の中の病気と聞くと虫歯をイメージするでしょうが、歯を失う原因の1位…それは歯周病です。
確かに虫歯は一般的な病気ですし、治療しなければいずれ歯を失うことになるでしょう。
しかし、日本人が歯を失う原因として最も多いのは虫歯ではなく歯周病なのです。

その理由を考えていくと、私達にとって歯周病がいかに深刻な問題になっているのかが分かります。

なぜ歯周病になると歯が抜けるのか

そもそも歯周病になるとなぜ歯が抜けるのでしょうか。
歯周病は歯肉の病気であり、初期段階では炎症を起こした歯肉が腫れたり変色したりします。
また、食事や歯磨き時のささいな刺激によって歯肉から出血が起こりやすくなります。

このように、初期段階では歯肉のみに症状が起こりますが、
中期段階まで進行すると歯周病によって歯槽骨と呼ばれる顎の骨が溶かされていきます。
この歯槽骨は歯を支える役割を担っていますから、それが溶かされることで歯は支えを失います。

そうすると歯は不安定になり、やがてグラつき、最後には抜け落ちてしまうのです。
つまり歯周病になると歯が抜けるのは、歯周病によって歯槽骨が溶かされてしまうからです。

なぜ歯周病は進行しやすいのか

歯周病になると歯が失われるものの、あくまでそれは歯周病が重度段階まで進行した場合です。
しかし、歯を失う原因の1位が歯周病である以上、
それだけ多くの人が歯周病を重度段階まで進行させてしまっているのが現実です。

ではなぜ歯周病を重度段階まで進行させてしまう人が多いのか?…その答えは自覚症状にあります。
例えば虫歯の場合も重症化すれば歯を失いますが、ほとんどの人はそこまでの事態にはなりません。
なぜなら、痛みという自覚症状によって虫歯に気付き、その時点で治療を受けるからです。

一方歯周病には目立った自覚症状はなく、そのせいで自分が歯周病であることに気付きにくいのです。
「喉が痛むことで風邪に気付く」、「歯が痛むことで虫歯に気付く」、「頭が痛むことで発熱に気付く」…
このように、私達が病気に気付くきっかけは「痛み」による自覚症状です。

歯周病はこうした「痛み」による自覚症状がないからこそ気付きにくく、
その結果知らない間に発症し、さらに知らない間に進行し、
気付いた時には歯を失うほどの重度段階まで進行してしまっているケースが多いのです。

 歯周病で歯を失わないためには

歯周病で歯を失わないためには、2つのことを心掛けなければなりません。
1つは歯周病をしっかりと予防すること、もう1つは歯周病になった時に早く気付いて治療することです。
そして、これら2つを実践する上で効果的なのが歯科医院の定期検診です。

定期検診では口の中のクリーニングによってプラークや歯石を綺麗に除去できますし、
ブラッシング指導によって毎日の歯磨きの効果を高めることができます。
これらはいずれも歯周病を予防する上で大変効果的ですし、歯周病に限らず虫歯も予防しやすくなります。

さらに定期検診では歯科医が口の中の健康状態を確認するため、
歯周病になっていればその時点で発見して治療できるのです。3ヶ月に1度ほどの頻度で定期検診を受ければ、歯周病を予防してなおかつ重度段階までの進行も防ぎやすくなるでしょう。

歯周病の予防方法

歯周病の予防方法は虫歯と同じです。以下の3つを実践すれば、大抵の歯周病は防げます。

・精度の高い歯磨きをする
歯磨きに大切なのは頻度ではなく精度です。
ブラッシングだけでなくデンタルフロスや歯間ブラシを使用してプラークの除去率を高めましょう。

・定期検診を受ける
歯周病の予防だけでなく、早期発見と早期治療するために必要です。
症状を治すためではなく、症状を予防するために歯科医院に行く心掛けが大切です。

・生活習慣を改善する
歯周病は生活習慣病です。疲労やストレスは身体の免疫力を低下させ、歯周病になるリスクを高めます。
定期検診を受ければ、こうした生活習慣改善のアドバイスをしてもらえます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯を失う原因のトップは歯周病についてまとめます。

1. なぜ歯周病になると歯が抜けるのか :歯を支えている歯槽骨が溶かされ、支えを失った歯は抜け落ちる
2. なぜ歯周病は進行しやすいのか :「痛み」という分かりやすい自覚症状がなく、気付きにくい
3. 歯周病で歯を失わないためには :定期検診を受けて予防し、さらに早期発見と早期治療を心掛ける
4. 歯周病の予防方法 :精度の高い歯磨きをする、定期検診を受ける、生活習慣を改善する

これら4つのことから、歯を失う原因のトップは歯周病について分かります。
日本人の成人のおよそ7割が歯周病を持っていると言われており、
なおかつ歯周病は自覚症状がないため気付きにくいという問題があります。

つまり、一見健康に思えるみなさんが実は歯周病になっているという可能性も充分にあります。
そして気付いた時には重症化してしまっている…その結果歯を失うというケースが多いのです。
このため日頃から定期検診を受け、歯周病の予防意識をもっと高めなければなりません。

インプラントとは何ですか? [2017年12月04日]

大田区池上西馬込駅最寄りの歯医者さん、ヨシダ歯科です。
今回のテーマは「インプラントの説明」です。
歯を失った時に対処できる治療として、以前は入れ歯やブリッジといった方法がありました。

しかし近年ではさらにインプラントという治療の選択肢が増えました。
「失った歯を取り戻せる」…そんなインプラントの特徴を誰もが聞いたことがあると思いますが、
実際にどんな治療方法なのかを知っている人はまだまだ少ないと言えるでしょう。

そこで、ここではインプラントとは何なのかを分かりやすく説明していきます。

インプラントとは

インプラントとは人工の歯の根を埋め込み、その上に上部構造…すなわち人工の歯を被せる治療方法です。
画期的なのは人工の歯の根の再現です。従来の入れ歯やブリッジには根と呼ばれる部分がなく、
言わば「被せる」だけの方法だったため、どうしても外れやすくなってしまいます。

その点インプラントは根を再現しているため、天然の歯と同じ安定性と感覚が得られるのです。
構造としては人工の歯の根にあたるインプラント体、人工の歯となる上部構造、
これら2つを連結するアバットメントの3つの部品からできています。

治療方法

インプラントの治療方法のメインとなるのは手術です。
歯肉を切開して顎の骨に穴をあける手術を行い、そこにインプラント体を埋め込みます。
その後は定着期間を設けてインプラント体が骨としっかりと結合するのを待ちます。

定着期間を経た後、今度はアバットメントを取り付けてその上に上部構造を被せます。
手術を必要とすることから治療前にはCTを使用した精密検査やカウンセリングを行い、
治療後には定期的にメンテナンスを行って噛み合わせの調整などを行います。

費用

インプラントの最大の欠点とも言えるのが費用の高さで、相場で言うと1本あたり30万円~45万円です。
さらに健康保険が適用できないため、入れ歯やブリッジに比べて高額になります。
最も、平成24年の4月以降は一部インプラントでも健康保険が適用できるように改定されました。

しかしその基準は非常に厳しくなっており、一定以上の割合の顎骨の損傷、
さらには治療を受ける歯科医院にも基準が設けられています。
少なくとも、審美目的でインプラントをする場合は例外なく健康保険は適用されません。

1回法と2回法

インプラントの治療方法について調べると、その中で1回法や2回法といった言葉が出てきます。
これはインプラントの治療方法のことで、1回法では1度の手術、2回法では2度の手術を行います。
1回法は手術の回数が減るため患者さんの身体的負担が軽減され、さらに治療期間も短縮できます。

その点に注目すれば1回法の方が優れているように思えますが、必ずしもそうとは限りません。
と言うのも、1回法の場合は埋め込んだインプラント体を露出したままにする必要があるため、
2回法に比べて定着期間中に細菌に感染するリスクが高くなってしまうからです。

治療の痛み

インプラントにおいて患者さんが何よりも気になるのは、おそらく痛みの有無でしょう。
そこで治療の痛みについて答えておくと、実際には治療中の痛みはほとんどありません。
と言うのも、インプラントの治療では手術の際に麻酔を使用するからです。

このため痛みを感じることはほとんどないですし、むしろ痛みよりも恐怖を感じる人の方が多いでしょう。
また、治療中の痛みは麻酔でそれほど感じないものの、治療後…つまり麻酔が切れてしまうと痛みます。
これについては痛み止めを処方するのでそれで対処できますし、痛み自体も長期間続くことはありません。

治療を受けられる歯科医院

インプラントは虫歯や歯周病に比べて大きな治療になるため、
街の歯科医院では対応できないことがほとんどです。
また、仮に対応できたとしても治療の難易度が高いインプラントを不慣れな歯科医に依頼するのは危険です。

このため、治療の実績に長けた信頼できる歯科医院で治療を受けるようにしましょう。
治療を行っているかどうかは診療科目に注目すれば分かりますし、
さらに言えばインプラントの専門医が在籍している歯科医院で治療を受けるのが理想です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントの説明についてまとめます。

1. インプラントとは :人工の歯の根を埋め込み、その上に人工の歯を被せる治療方法
2. 治療方法 :治療では手術を行う。歯肉を切開して顎の骨に穴をあけ、そこにインプラント体を埋め込む
3. 費用 :1本30万円~45万円。基本的に健康保険も適用されないため、費用は高額になる
4. 1回法と2回法 :1度の手術ですむ1回法と、2度の手術を行う2回法、インプラントは2つの治療方法がある
5. 治療の痛み :麻酔の効果で痛みはほとんど感じないが、恐怖を感じる人は多い
6. 治療を受けられる歯科医院 :信頼できる歯科医院で治療を受けるべき。専門医の在籍にも注目する

これら6つのことから、インプラントの説明が分かります。
手術を必要とする点から、インプラントは入れ歯やブリッジに比べてリスクが高いのも事実です。
このため、インプラントにおいては患者さんとしても事前の情報収集が大切です。
インプラントのメリットとデメリットをしっかりと把握し、
その上で入れ歯、ブリッジ、インプラントの3択で最も自分の希望に合う治療を選びましょう。

虫歯は放置するとどうなるの? [2017年11月04日]

大田区池上西馬込駅最寄りの歯医者さん、ヨシダ歯科です。
今回のテーマは「虫歯を放置するとどうなるのか」です。
お口の病気というのは、残念なことにケガや身体の病気に比べて軽視されがちなのが現実です。

実際、胃や心臓が痛くなればほとんどの方がすぐ病院に行くでしょうが、
歯が痛い…つまり虫歯になっても放置してしまう方は少なくないでしょう。
しかしそれは厳禁行為…虫歯を放置することで様々な問題が起こります。

大掛かりな治療が必要になる

「治療が怖い」を理由に虫歯を放置している方は、ぜひこの事実を知っておいてください。
虫歯治療というのは虫歯を放置して進行すればするほど、大きな治療が必要になってくるのです。
例えば初期段階の虫歯なら削らずに治せることもありますし、削ったとしてもその範囲はごく僅かです。

しかし進行すればより深く削る必要がありますし、進行度によっては削るだけでは治せなくなってしまいます。
神経の除去、抜歯、治療においてこうしたことが必要になってきてしまい、当然治療の痛みも辛くなるでしょう。
また、大きな治療が必要になればそれだけ通院の回数も増え、手間や出費がかさむ結果になってしまいます。

もっと痛くなる

虫歯を自覚するきっかけの大半は痛みです。最も、この時点では常に歯が痛むわけではないですし、
痛みの程度としては確かに我慢できる範囲かもしれません。
しかし、放置すれば虫歯は進行してもっと痛くなってしまいます。

歯の神経付近まで進行すれば痛みは激痛となり、それも常に感じるようになって夜も眠れないほどです。
こうなると痛み止めを飲んでも効かないことが多く、辛い状態が続きます。
歯の神経が死ぬことで痛みはおさまるものの、それはそれで虫歯が一段階進行したことになってしまいます。

歯の神経が死ぬ

上記でも多少触れましたが、虫歯を放置すると進行してやがて歯の神経が死んでしまいます。
最も、歯の神経が死ぬと痛みを感じなくなるためそれをプラスに考える方がいますが、
実際には歯の神経が死ぬことで様々な問題が起こります。
まず痛みという自覚症状を失うことで、今後患部に何らかの異状が起こった際に気付きにくくなることです。

さらに歯の神経が死ぬとその歯に栄養が行き届きにくくなるので、歯が脆くなってしまいます。
また神経が死んだ歯は変色し、歯としての見た目も悪くなってしまうのです。
ちなみに歯の神経付近まで虫歯が進行した場合も、治療において神経の除去が必要になることがあります。

歯を失う

歯を失う要因は歯周病だけではなく、虫歯を放置することでも最終的に歯を失います。
進行した虫歯は治療しない限り治ることはなく、放置すればどんどん進行して歯をボロボロにしていきます。
そして、末期段階まで進行すれば歯は原型を失った状態になってしまいます。

ここまでの状態になると、治療しても被せ物を立てることができないので抜歯するしかなくなります。
詰め物や被せ物で処置することができない以上、
抜歯後は入れ歯やブリッジ、もしくはインプラントで対応するしかありません。

命にかかわる病気が起こる

虫歯の原因菌は歯をボロボロにしても生き続け、最終的には血液にまで入っていきます。
そうなると、血管を通じて虫歯の原因菌…つまり細菌が全身に回ってしまいます。
この時、脳や心臓に細菌が回ってしまうと脳梗塞や心筋梗塞が起きる危険性があるのです。

最も、可能性としてはごく稀ですから、必ずしもそうなるというわけではありません。
しかし、こうした病気を招く危険性が生まれるのは事実であり、実際に死亡した例もあるのです。
このように「命にかかわる病気を招く」…これが虫歯を放置することの最大の怖さです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯を放置するとどうなるのかについてまとめます。

1. 大掛かりな治療が必要になる :放置すれば症状が悪化し、それだけ辛い治療をしなければならなくなる
2. もっと痛くなる :虫歯の痛みは一定ではない。放置すれば虫歯が進行し、より痛みが激しくなる
3. 歯の神経が死ぬ :虫歯が進行すると歯の神経が死に、歯に栄養が行き届かなくなるなどの問題が起こる
4. 歯を失う :末期段階になると歯はボロボロの状態になり、被せ物も立てられず抜歯せざるを得なくなる
5. 命にかかわる病気が起こる :虫歯菌が血管から全身に回り、それが原因で脳梗塞や心筋梗塞が起こる

これら5つのことから、虫歯を放置するとどうなるのかが分かります。
虫歯は一度進行してしまうと自然に治ることはなく、治療しない限り虫歯は進行し続けます。
そもそもなぜ虫歯を放置するのか?…この理由として一般的なのが「治療の怖さ」や「手間」です。

「虫歯の治療は痛い」、「一度歯科医院に通うと長くなる」…世間ではこうしたイメージが根付いています。
しかし、治療の痛みも通院期間も虫歯を放置するほどむしろ大きなものになってしまうのです。
つまり、虫歯の放置は自身にとってマイナスの影響しかもたらさないのです。

« Older Entries